関東の看護師ゴトは、医療系求人の情報サイトです

関東圏の看護師状況

看護師の人気が高い背景として、就職率が高い事が挙げられます。看護系の学部の就職率は2011年で94.6%となっており、近年では90%を下回ることはありません。こうしたことにより看護学部は高い人気を誇っています。
そのように、毎年約5万人を超える多くの新卒看護師が誕生していますが、関東圏においては、まだまだ看護師は不足している状況にあります。また、労働環境や、育児との両立が難しいなどという理由で現場を離れてしまう看護師も少なくありません。
こうした看護師の定着率の悪さを改善する為に、看護師が働きやすい環境を提供することに注力する医療施設が増えて来ました。
また、関東圏においては、新卒・転職者を対象とした教育体制を整えた上で、仕事をしながら学んでいけるキャリアアップ体制を整えているところも増加傾向にあります。
そのように関東では、看護師が看護師としてだけではなく、幅広く活躍できる環境、安定してしっかりと勤務できる環境を整備している傾向が強まってきています。

関東圏の看護師転職は今が狙い目

看護師とよく比較されるのは薬剤師ですが、薬剤師求人よりも看護師求人の方が需要が高まっています。2006年から薬学部が6年制になり、看護や薬学に多い女性から6年制が敬遠され、また学費が2年多くかかることも要因となり志望者が減少傾向にあります。そのため、資格人気が支えていた薬学部の志願者が激減してしまいました。
こうして薬学部の人気が終焉し、国家資格と結びついた学部・学科への関心は看護に移行したと考えられており、これから志望者の増加も相まって年々転職や求人の枠は拡大傾向にあります。高待遇な看護師求人の争奪戦は今後ますます過激になっていくと考えられ、看護師人口が激増する今が転職の狙い目と言っても間違いないでしょう。
特に関東圏は高待遇の求人も多く、2013年現在は比較的求人数も多く、職場を自由に選ぶことが可能です。転職を成功させたい方には是非おすすめの地域と言えるでしょう。